予防接種

当院で予防接種をお受けできる時間

  健診・予防接種
専用タイム
一般診療時間 インフルエンザ予防接種
専用タイム
  平日
14:00~15:30
土曜日
13:00~14:00
平日
10:00・16:30
平日
9:00
土曜日
13:00~15:00
乳幼児健診 × ×
4ヶ月までの予防接種 × × ×
5ヶ月以上の予防接種 ×
インフルエンザ予防接種 × × ×

予防接種について

予防接種当院では感染症予防の対策を徹底することで安心して予防接種や健診を受けていただけるよう、一般診療とは別の時間帯で行っています。
ご予約は、WEB予約や電話によるご予約をお願いします。感染リスクを下げて安全性を高めるために行っておりますので、必ずご予約の上ご来院ください。

予防接種を受ける際に持参していただきたいもの

当院で予防接種を受ける際には、下記のものを必ずご持参ください。予防接種を受ける際に持参していただきたいもの

  • 記入済み予防接種予診票
  • 母子健康手帳
  • 予防接種予診票兼接種票(定期接種)
  • 健康保険証

予防接種が受けられないケース

  • 37.5℃以上の発熱がある予防接種が受けられない子ども
  • 定期接種で「予防接種予診票」を持参されていない
  • 医師が接種不適当と判断した

上記の場合は、予防接種を受けられないため、あらかじめご了承ください。

予防接種票を失くしてしまったら

お手数ですがお住まいの地域の保健センターにお問い合わせしてご確認ください。

予防接種のワクチンについて

ワクチンとは

予防接種では、感染症の原因となるウイルスや細菌を精製・加工して病原性・毒性を失わせたり弱めたりしたワクチンを接種します。ほとんどは注射ですが、一部に経口接種するものもあります。

原因ウイルスや細菌を安全な状態にして投与し、免疫を高めるのが予防接種の目的です。予防接種を受けると、次にそのウイルスや細菌が入ってきた際に免疫が働き、発症や重症化を防ぎます。ワクチンは、生ワクチン・不活化ワクチン・トキソイドの3種類に大きく分けられます。

生ワクチン

ウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性を失わせたワクチンです。毒性を弱めていますが、投与によって自然感染と同じメカニズムが働き、体内で増殖して免疫を高めます。少ない接種回数で十分な効果を得やすいとされています。ロタ、BCG(結核)、MR(麻疹/風疹)、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などは、生ワクチンによる予防接種が行われています。

不活化ワクチン

ウイルスや細菌の病原性・毒性を完全に失わせたワクチンです。不活化とは本来の働きを失っている状態を指す言葉で、不活化ワクチンは免疫を高めるために必要な部分のみでつくられています。自然感染や生ワクチンと比較した場合、免疫がつきにくい傾向があり、十分な免疫をつくるために複数回の接種が必要になります。B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、百日咳、ポリオ、日本脳炎、インフルエンザなどは、不活化ワクチンによる予防接種が行われています。

定期接種と任意接種

注射予防接種は、定期接種と任意接種の2種類に大きく分けられます。
定期接種は、法律に基づいて自治体が実施する予防接種です。
任意接種は希望する方が受ける予防接種です。

推奨されている主な任意接種

定期予防接種も任意予防接種もどちらも重要な予防接種です。
日本小児科学会より推奨されている主な任意接種は以下のものになります。

  • おたふくかぜ(1歳と年長さん)
  • 三種混合(DPT;ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T))(年長さん)
  • 不活化ポリオ(IPV)(年長さん)
  • 季節型インフルエンザ(6ヶ月齢頃から毎年11月頃)

​昨今の病気の流行などを鑑みて、当院の年長さんのワクチンスケジュールに、任意予防接種の三種混合とポリオが加わりました。年長さんで受ける予防接種は定期予防接種のMR(麻疹風疹)、任意予防接種のおたふく、三種混合、ポリオの4つになります。スケジュールを組むことは大変ですが、当院ではスケジューリングも行っておりますのでワクチンで防げる病気はしっかり防ぎましょう。


インフルエンザが流行り始める前の夏までに、年長さんのワクチンを接種して小学校に上がる準備をしておきましょう。
三種混合やポリオワクチンを未接種の方は、小学生になっても接種可能ですのでご相談ください。三種混合やポリオワクチンを未接種の11〜12歳の方は、定期予防接種の二種混合を接種する代わりに、任意予防接種になってしまいますが三種混合とポリオを接種することも可能です。
些細なことでもわからないことがありましたらお気軽に相談ください(来院の際は母子手帳をご持参ください)。

定期接種

決められた期間に接種を受けることで公費負担(無料)になる予防接種です。
定期接種の予防接種には、B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、四種混合、ロタ、BCG、MR(麻疹/風疹)、水痘、日本脳炎があります。

ロタウイルスワクチン(ロタリックスもしくはロタテック) 接種回数 ロタリックスは計2回、ロタテックは計3回。どちらも効果は変わりません。ご希望をお知らせください。当院ではほとんどの方がロタリックスです。
接種可能なタイミング 生後6週から接種開始可能になり、ロタリックスが生後24週目まで、ロタテックは生後32週目までに完了します。接種間隔は、4週間以上必要です。
ヒブワクチン 計4回接種を、生後2~4ヶ月間に3回、12~17ヶ月までに1回受けます。
小児用肺炎球菌ワクチン 計4回接種を、生後2~4ヶ月間に3回、12~15ヶ月までに1回受けます。
B型肝炎ワクチン 計3回接種を、生後2~3ヶ月間に2回、7~8ヶ月までに1回受けます。
四種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ) 計4回接種を、生後3ヶ月~2歳の誕生日前までに受けます。
二種混合ワクチン(DT:ジフテリア・破傷風) 11~13歳未満の間に1回受けます。四種混合の追加接種として行われます。
麻しん(はしか)・風しん混合ワクチン(MR) 計2回接種を、1歳~2歳の誕生日前と、5歳~7歳の誕生日前までに1回ずつ受けます。
水痘(水ぼうそう)ワクチン 計2回接種を、生後12~15ヶ月と、その後6~12ヶ月間を空けて受けます。
日本脳炎ワクチン 計4回接種を、3歳時に2回、4歳時に1回、9~12歳で1回受けます。
BCGワクチン 1回接種を、生後5~8ヶ月の間に受けます。
子宮頸がんワクチン(HPV) 計3回接種を、初回、初回から2ヶ月後に2回目、初回から6ヶ月後に3回目を受けます。対象は小学6年生~高校1年生の女子です。

※推奨年齢を過ぎてしまってから接種をする場合、費用の自己負担が必要になります。

任意接種

全額自己負担で受ける予防接種であり、おたふく風邪やインフルエンザなどがあります。任意接種のワクチンも効果や安全性が十分に確かめられていて、重症化すると深刻な状態になって重篤な後遺症を残すリスクを考えると定期接種と重要性に大きな差はありません。日本小児科学会でも任意接種は推奨されており、当院でも接種を受けるようお勧めしています。

おたふく風邪
ワクチン

1歳に1回目、5~7歳の間に2回目を接種します。
三種混合ワクチン(DPT:ジフテリア・百日せき・破傷風) 年長さんで接種します。
ポリオ 年長さんで接種します。
インフルエンザ
ワクチン
毎年、流行期前の10~11月に接種します。対象は6ヶ月以上で、13歳未満は3~4週間の間を空けて計2回。

予防接種スケジュール


各予防接種の予診票

ご自宅などで印刷していただき、記入してからご来院いただけますとスムーズに診察していただけます。

各予防接種の料金表

各予防接種 料金
公費予防接種 無料
B型肝炎 6,000円
麻疹風疹(麻疹風疹) 9,000円
水ぼうそう 8,000円
おたふく 6,000円
日本脳炎 7,000円
ポリオ 9,000円
三種混合 5,000円
インフルエンザ 4,000円
HPV(子宮頸がん予防) 18,000円
   
   
   
   
   
   
   
   
   

​その他の予防接種についてはお問い合わせください。

予防接種の概要と注意点

  • 注射をされる大人予診票は事前に記入してからご来院ください。
  • 公費予防接種の予診票はさいたま市からご自宅に郵送されてきております。それ以外の予診票はHPから印刷してください。 印刷できない場合は窓口でお渡しいたしますので、早めに来院して記入してください。
  • すべてのワクチンにできる限り対応します。どの予防接種を受けたらいいのかわからないなどのご相談もお気軽にお電話ください。
  • ロタ予防接種は飲む予防接種です。2時間前から授乳はお控えください。吐いてしまうとやり直しになってしまいます。
  • 大人の方の風疹の抗体検査や予防接種、インフルエンザ予防接種もお子様と同じ料金で行っております。
  • 65才以上のインフルエンザ(さいたま市民は1,600円)、成人用肺炎球菌(さいたま市民初めての方は4,600円。2回目以降は9,000円)も行なっております。予診票は当院にございます。大人の方の接種時間はご相談に応じます。
  • 一週間以内に37.5度以上のお熱があった場合は予防接種は受けられません。お手数ですが再度予約をしてください。​WEB予約ページの画面の右上メニューバーに「予約変更」の項目があります。
  • コロナ陽性の自宅療養期間があけてから少なくとも1ヶ月以上たっていない場合は予防接種は受けられません。お手数ですが再度予約をしてください。​WEB予約ページの画面の右上メニューバーに「予約変更」の項目があります。
  • 年長さんで三種混合(DPT)と不活化ポリオ(IPV)を接種するなら四種混合(DPT-IPV)ひとつ接種で良いのでは?と思われた方がいらっしゃるかと思います。現在、日本では四種混合は4回までの接種しか承認されておらず、5回目の接種は承認されていないため、医療行政上のお話で申し訳ありませんが、三種混合とポリオを別々に接種する必要があります。
  • ワクチンで防げる病気はワクチンで防ぎましょう。病気になったら、抗体がつくから必要ないと思わないようにしてください。高熱になりインフルエンザや溶連菌の抗体検査(喉や鼻に綿棒をいれる検査)では原因がわからなかった場合、血液検査をすることになります。またお子様がかかった病気が感染症だった場合、予防接種を受けたくても受けることができない学校のお友達、赤ちゃん、おばあちゃまにうつしてしまうことを考えると、お子様がワクチンを接種することは社会的に大切なことです。わからないことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。 ​

日本脳炎予防接種

予約制限について​

2021年の日本脳炎ワクチンの供給不足の為、厚労省の通達により、当院は予約できる方を制限をして接種してまいりました。

その後、当院はワクチン確保に努力をし、全ての方の予約を可能といたします。

変更がある場合はLINEやこちらのページでお知らせします。 

尚、在庫管理のため、日本脳炎の予防接種の予約は、WEB予約のみとさせていただいております。

電話での予約はできません。

お問い合わせがある場合はLINEチャットやメールからお願いします。

「予約タブがあらわれない」等につきましては、ワクチンの在庫がない、あるいは過去の予防接種の履歴の入力ができていない場合が考えられます。

予約サイト→ご案内〜予防接種・健診→詳細をご覧ください。

接種時期について

日本脳炎予防接種は接種する回数が大きな学年にわたり、複数回あるのに、予防接種を停止していた時期がある年齢の方もいらっしゃるため、打ち忘れの多い予防接種の一つです。

推奨時期は1期1回目=3歳になったら、1期2回目=1回目の2週間〜2ヶ月後、1期3回目=2回目から1年後です。

”3歳になったらすぐに”とか、”2週間〜2ヶ月後の間だけ”とか、”1年後きっかり”に接種しなければならないわけではありません。

​ 3歳から7歳半未満が無料でできる期間です。

6歳になってから1回目を接種しても、7歳半までに4回接種に間に合います。 ​

2期は9〜13歳の誕生日前日まで。 ​

全部で4回接種で終了です。


経過措置・特例措置

厚労省の通達により過去に接種できなかった時期があったことから、以下の方は無料で接種できます。

  • 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で日本脳炎の定期接種(全4回)が完了していない方
  • 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方で平成22年3月31日までに日本脳炎第1期の定期接種(初回2回、追加1回)が完了していない方
<参考サイト>さいたま市日本脳炎第二期​定期予防接種のお知らせ
<参考サイト>厚生労働省 日本脳炎予防接種について
<参考サイト>ワクチンメーカーサイト

日本脳炎予防接種に関するよくある質問

いつ接種したら良いですか?

一期1回目は3歳〜、2回目は1回目の2週間後〜2ヶ月後、3回目は2回目の1年後〜、二期は9歳〜です。上記の年齢ぴったりに接種する必要はなく、少々遅れても構いません。一期の期限は7歳半、二期の期限は13歳誕生日前日までです。期限とは無料で接種できる期限です。期限内に接種を忘れた場合は有料(7000円)かかりますが接種した方が良いでしょう。また現在中高生の方も接種できなかった期間があったため、特例措置、経過措置の対象(無料)です。期限は20歳誕生日前日までです。予診票は昔の予診票か、区保健センターでいただいて来て下さい。

3歳未満です。蚊の多いところに遊びに行きます。接種してください。

厚労省より日本脳炎接種を勧奨されている渡航者は、流行地域(主に東南アジアでブタを飼っている農村部)に長期滞在する人です。蚊の多いところに遊びに行く方(流行地域以外に短期滞在する方)は、長袖長ズボン、虫除けなどでしっかりと対策しましょう。

予診票の上部に「6ヶ月〜」と記載されてますが、3歳からの接種なのですか?

日本脳炎流行地域に渡航・滞在する小児、最近日本脳炎患者が発生した地域・ブタの日本脳炎抗体保有率が高い地域に居住する小児に対しては、生後6か月から日本脳炎ワクチンの接種を開始することが推奨されています。そのため予診票には「6ヶ月〜」と記載されておりますが、さいたま市は「上記地域に居住」が該当しませんので、標準通りの3歳からの接種となっております。​ <参考サイト> 日本小児科学会 日本脳炎罹患リスクの高い者に対する生後6か月からの日本脳炎ワクチンの推奨について

子宮頸がんワクチンについて

サーバリックスとガーダシル、どちらがよいですか?

予防できるHPV(ヒトパピローマウィルス)の数がサーバリックスは2種類、ガーダシルは4種類ですが、どちらもほぼ同じです。当院で接種し始めた頃はサーバリックスしか発売されていなかったため、その流れで、ご希望が特にない場合はサーバリックスを接種しております。どちらがよいか不明な場合は医師への相談のうえで保護者の方にお決めいただいております。

ワクチンのことがよくわからないので、詳しく説明してください。

説明を受ける前に、厚生労働省作成の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ概要版(PDF)女の子と保護者の方へ大切なお知らせ詳細版(PDF)を必ずお読みください。高校一年生女の子のご自宅には、11月末にさいたま市よりこれらのリーフレットが郵送されております。リーフレットには、HPVワクチンは以前と同様に定期接種であり中止されたわけではないこと、安全性・効果・副反応の頻度、ワクチンを受けても20歳になったら子宮頸がん検診を受ける必要があることなどが、お子様でもわかるように、詳細に記されております。ご自宅でリーフレットをお読みになってからご来院いただくとスムーズな診療につながります。どうかご協力をお願いします。

接種した方がいいですか?接種しない方がいいですか?

すべての予防接種に言えることですが、ワクチン接種をよく理解し、接種対象者と保護者が接種するかしないかを決定してください。厚生労働省は「HPVワクチン接種の積極的な勧奨は行わないこと(平成25年)」とする一方、今秋「接種対象者と保護者にHPVワクチンを正しく知っていただくための資材をお届けすること」という指示を各自治体に出しました。そのため、各自治体は資材とともに「現在、HPVワクチン接種の積極的な勧奨は行わないこととされており、このため、予診票の個別送付はしておりません」という文言を入れざるを得ず、ひるがえって多くの保護者に疑問を生じさせているようです。リーフレットをしっかりとお読みになり、将来子宮頸がんになるリスク、ワクチンの安全性などをしっかり理解した上でお決めください。

厚生労働省はなぜ積極的な勧奨を差し控えることになったのでしょうか?

厚生労働省はHPVワクチンの副反応については、2013年6月14日に開催された専門家の会議において、これまでに収集された医学的情報をもとに分析・評価され、ワクチン接種の有効性と比較した上で、定期接種を中止するほどリスクが高いとは評価できないと判断しました。そしてその会議では、接種部位以外の体の広い範囲で持続する疼痛の副反応症例等について十分に情報提供できない状況にあることから、「接種希望者の接種機会は確保しつつ、適切な情報提供ができるまでの間は、積極的な接種勧奨を一時的に差し控えるべき」と決まりました。そのためHPVワクチンについての説明のリーフレットを配布しつつ、積極的な接種を勧めているわけではないというお知らせが入っておりました。

どのような服装でいけば良いですか?持ち物は?

肩が完全に露出できる服装で御来院ください。適正な接種をおこなうために、肩が完全に露出した状態で接種します。母子手帳・保険証・乳幼児医療証(中3まで)をお持ちください。予診票は当院にございます。事前に取りにきていただくか、当日15分前に御来院になりご記入ください。

高一です。今から定期接種(3回無料)に間に合いますか?

基本は6ヶ月〜1年の間に3回接種するのですが、やむを得ない場合、ガーダシルは最短で4ヶ月で3回、サーバリックスは5ヶ月で3回接種します。11月終わりに初回接種を開始した場合、ワクチン注文から届くまでに時間がかかることや年末年始の休診などの事情から残念ながら3回目は自費(税込18000円)となります。中高生が受けやすい土曜や平日午後は予約が埋まっていることが多いこと、年末年始は診療のみで予防接種はお休みであること、定期試験・部活・学校行事、インフルエンザ罹患などにもご留意し、余裕をもったスケジュールを組んでください。

予約をしたいのですが…

  1. お電話で予防接種希望の申し込み
  2. 当院がワクチンを注文し、入荷日をお電話でお知らせ
  3. ネットで接種日を予約
  4. 接種

という流れになります。HPVワクチンは申し込みを受けてから発注をするため、お問い合わせをいただいてから接種までに3日以上必要です。万が一HPVワクチン供給が不足した場合、期間内に3回接種できなくなってしまうため、当院ではお申し込み時に3回分注文します。ワクチンは返品ができないため、接種キャンセルはできませんことをご了承ください。接種時間は平日11:00(時間応相談)か17:00、土曜日12:30です。夕方や土曜日は予約が早い時期からすでに埋まっていることがございます。接種スケジュールは早めに立てることをお勧めします。

コロナワクチンと子宮頸がんワクチン、接種間隔はどのくらいあければよいでしょうか?

コロナワクチンと他の予防接種の接種間隔は2週間以上あけるよう指導されております。しかしながらも、コロナワクチンは新しいワクチンでエビデンスが少ないことから、当院では4週間ほど接種間隔をあけるようお勧めしております。

さいたま市/令和2年度ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチン定期予防接種のお知らせ
厚生労働省HPVワクチンQ&A

予防接種に関するよくある質問

予防接種を受けた後の副反応が心配です

予防接種を受けると免疫が付与されますが、それ以外の反応も起こることがあります。副反応には注射した場所の赤み・腫れ・痛みといった局所反応から、重篤なアナフィラキシーショックまであります。定期接種や任意接種のワクチンは極めてまれにしか重篤な副反応を起こさないことがわかっています。

詳しくは、厚生労働省の予防接種情報をご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/yobou-sesshu/index.html

軽い副反応の内容を知りたいです

注射部位の、赤み・腫れ・痛み・硬結(しこり)、動かしにくさ、発熱は予防接種で生じやすい軽度な副反応です。ほとんどの場合は数日で解消に向かいますが、硬結は数週間残ることがあります。こうした軽度の副反応が起こる頻度は、20%以下とされています。

予防接種の注射部位が大きく腫れ上がっていますが、受診した方がいいでしょうか?

腫れは数日で改善することがほとんどですが、腫れに加えて強い痛みやかゆみがあるなど他の症状が伴っている場合は受診して状態を確認しておきましょう。

予防接種を受けてから発熱があった場合、受診した方がよいでしょうか?

発熱だけでなく、元気がない・呼吸が荒い・けいれんを起こした・ぐったりしている・呼びかけに反応しない場合はすぐに救急外来を受診する必要があります。元気があって機嫌も良く、水分をしっかり摂取できている場合でも気を抜かずしばらく様子を観察してください。一般的に、予防接種による副反応の発熱のほとんどは数日で改善します。なお、すでに風邪やインフルエンザに感染している潜伏期間に予防接種を受けて、そのすぐ後に発熱など風邪やインフルエンザの症状を起こしていることもあります。予防接種とは関係のない他の病気で発熱している可能性も考慮して症状や状態を観察し、必要な場合は受診してください。

副反応の発熱は接種後何時間後に起こりますか?

不活化ワクチンと生ワクチンでは、副反応の発熱が起こるタイミングが異なります。不活化ワクチンの場合、接種から24時間以内に発熱し、48時間以内に解熱することが多いと報告されています。生ワクチンは発熱を起こすタイミングが遅く、接種数日後から数週間後に発熱することもあります。

同時接種を検討していますが、リスクが気になります

同時接種によって予防効果低下や副反応リスク上昇などを起こさないことが確認されたものが同時接種の推奨を受けています。同時接種には、必要な免疫を早い時期に得られる・予防接種スケジュール調整が楽になる・接種し忘れを防ぐといったメリットがあります。

予防接種を受けたその日の入浴は可能ですか?

接種後、1時間以上経過してからの入浴は可能です。接種部位をこすらずに優しく洗って、そっと拭いてください。なお、接種部位は、押す・もむなどもしないでください。

BCGの接種数日後に赤く腫れがあった場合の受診目安を教えてください

接種10日以内に、「赤み」「腫れ」「化膿」が起こった場合、結核に感染している疑いがありますので、速やかに受診してください。
一般的に、BCG接種後の赤みは1~2日以内に消え、接種後10日から4週間後に赤み・腫れ・化膿を起こします。赤み・腫れ・化膿は接種後10日以上経過してから現れるのが正常な反応であり、10日より前にこうした反応が出た場合は医療機関を受診する必要があります。

BCG接種を受けた後、脇の下にしこりのようなものができて不安です

BCG接種で腋窩リンパ節が腫れる副反応は100人に1人程度の頻度で起こるとされています。2㎝以下であれば自然に小さくなることがほとんどですが、それより大きい、または他の症状も伴う場合は受診してください。

卵アレルギーではインフルエンザ予防接種を受けられませんか?

日本で接種に使われているインフルエンザワクチンは鶏卵を材料にしてつくられています。ただし、精製を高度に行っていますので、鶏卵の成分はごく微量しか含まれていません。微量な成分でも反応する重篤な卵アレルギーがある場合を除き、卵アレルギーがある場合もインフルエンザワクチン接種は可能です。卵アレルギーがある場合には、事前に医師に症状などを詳しく伝えた上でしっかり相談してください。

TOPへ